「住宅・教育・老後」人生の三大資金(三大費用)のためのライフプラン

人生の三大資金は、住宅資金、教育資金、そして老後資金です。お金のことを考えるなら、ライフイベントごとにおきる様々な変化を想定することが大切。今回は、人生の三大資金について詳しく解説します。

人生の3大資金

住宅資金

人生の3大資金(住宅資金、教育資金、老後資金)と言われているこの3つの支出が、一生涯の支出の過半を占めると言われています。

希望の人生を実現するためには、この3つの資金を押さえることがとても重要です。

住宅資金には、所有する場合と賃貸の場合に分かれます。

所有する場合は、

  • 物件の価格
  • 購入するための諸費用
  • 住宅ローン関連費
  • 固定資産税等
  • 維持メンテナンス費用(管理費、修繕費など)
  • 建て替え費用等

等がかかり、特に見えにくい住宅ローン関連費や維持メンテナンス費を把握することは重要です。

住宅ローン関連費については、その借り方、返し方、手持ち資金の資産運用とのバランス等の方法で雲泥の差がついてしまいます。

又、住宅取得後の維持メンテナンス費用は、賃貸との比較でここを考えないで家を購入してしまい、後で資金繰りが大変になってしまう人も多いです。

賃貸の住宅費は賃料と更新料で、終身賃貸の場合には、それを一生涯払い続けることになり、年金収入になった老後も払い続けることができるための資金計画がより重要になります。

教育資金

子供を大学まで通わせると、ざっくりと1人1500万円かかると言われています。

そこに、塾代や習い事の支出は別でかかり、大学が理系の場合は大学院の支出が加わることも多く、更には最近では海外への短期留学をする学生も多く、そのような一連の支出も考えたいところです。

教育資金は、その高額な支出が人数分になりますので、お金の面で少子化になっている部分もあると思います。

一方でFPとして相談を受ける場面で感じることは、ほとんどのご相談者がこの教育費の優先順位を一番初めにもってきていることです。

それだけ、子供への教育を重要視している人が多いことが伺えます。

その教育資金を考える上での注意ポイントは、住宅取得資金とその教育資金のタイミングが重なる方が多いということです。

そのためしっかりと資金計画を立てないと、住宅ローンの返済と教育資金のピークが重なり、年間収支のマイナスが続きその時に貯蓄が底をついてしまう、という事態にもなり得るということです。

又、住宅ローンの繰り上げ返済をし過ぎて、教育資金がピークになる時に資金不足のため住宅ローンよりも高い利息の教育ローンを借りなければいけない、など本末転倒なことにもなってしまうかもしれません。

そのようなことにならないために、教育プランやそこにかかる費用をあらかじめ把握して、バランスよく計画的に組み立てることが重要です。

老後資金

高度成長期からバブル経済あたりまでの日本では、老後は退職金と国からもらえる年金だけで十分豊かに過ごすことができました。

そこから、経済が低成長期に入り、少子化の一方で長生きの“少子高齢化社会“と言われる時代になりましたが、一方国からもらえる年金は減り、老後は退職金と年金だけでは完全に足りなくなる時代になってしまいました。

この後ますますその傾向は強まり、2050年前後には人口の40%前後が高齢者になることが予測されており、その頃には今の年金が半分くらいになっている可能性もあります。

まさにこれからの時代は、国に頼れず、自助努力で老後の資金を準備しなければいけない時代になろうとしています。

3大資金 ライフプラン

ライフプランとは、希望の人生設計をもとにそのかかるお金の計画を表にして見える化することです。

ライフプランを作ることで、このままいくとお金が足りるのか、足りなくなる場合にどの時点で足りなくなるのか、その場合どんな改善策が打てるのか、などといったことが見えてきます。

お金が足りる場合にはそのまま過ごせばよく、足りなくなる場合には計画の改善をする必要があります。

ライフプランの改善方法は、以下の3つです。

  • 1 収入を上げる
  • 2 支出を下げる
  • 3 お金に働いてもらう(資産運用)

特に人生の3大資金を中心に上記3つの改善策を考えるのがポイントです。

老後のことを考えずに、住宅の取得や教育資金にお金を使いすぎてしまったら、悲惨な老後を送る羽目になってしまうかもしれません。

ライフプランをつくるコツは、まず3大資金についての方針をかため、その他の資金、旅行、耐久財、食費等を考えることがポイントです。

たくさんの方のライフプランを作ってきて言えることは、適切なライフプランを作ってその実行をする方と作らないでなんとなく過ごしてしまう方の生涯コストの差は、もう1軒家が買えるくらい差になってしまうことも現実として多々あるということです。

3大資金はセットで考える必要があります。

適切なライフプランを作ることにより、3大資金全体のバランスや優先順位などがみえてきます。

マネーデザインでは、経験豊富などFPがライフプランを作成して後悔のない住宅購入のサポートを行っています。