住宅ローン完済後に生活はどう変化する?

住宅ローンを完済したあとは、どのような生活が待っているのでしょうか。ローンの負担が減ったぶん、貯金は溜まっていくものなのでしょうか。今回は、住宅ローンの完済後にこそ知っておきたい、老後のライフプランの立て方を紹介します。

住宅ローンの完済年齢はますます上がる

2020年10月5日の日経新聞に、「日本経済新聞が住宅金融支援機構のデータを調べたところ、2020年度の利用者が完済を計画する年齢は平均73歳と、20年間で5歳上がった。借入時の年齢や金額が上昇しているためだ。70歳まで雇用が継続されても年金生活は不安定になりかねない。貸し手も借り手も老後リスクを吟味する必要がある。」との記事が掲載されていました。

住宅ローン平均完済年齢

(出典:『2020年10月5日 日経新聞』)

記事によると、平均完済年齢が一番低かったのは2000年で68.3歳。その後年々高齢になっていき、
2020年には73.1歳となり、その差は5歳上昇しています。

その高齢化した主な要因は、以下の3つをあげています。

(1) 晩婚化による住宅取得の時期の遅れ
2000年の借入時の平均年齢は37~38歳、2020年の平均年齢は40.4歳

(2) 低金利を背景に住宅価格の上昇
融資総額を融資件数で割った平均融資額は、20年で1,900万円から3,100万円に上昇
低金利のため、頭金を少なくし借入額を多くする傾向がある

(3) 返済期間の長期化
フラット35などにより、長期返済ローンが制度化された

60歳時点での住宅ローン平均残高は、2000年で700万円でしたが、2020年には1,300万円に上昇しています。

現在、住宅ローンの完済年齢の上限を80歳までに設定している銀行は数多くありますが、三菱総合研究所の推計によると60歳時点で住宅ローン債務が1,000万円を超す世帯は、それ以下の世帯に比べると返済が困難になる可能性が高い「老後破産予備軍」と予測しているようです。

老後にリスクを先送りしないためにも繰り上げ返済等を活用し、会社勤めであれば定年退前に住宅ローンのすべて、または大半の返済を終えておくことが理想的でしょう。

住宅ローンの負担軽減策のご相談もマネーデザインへ

マネーデザインは不動産に特化・精通したファイナンシャルプランナーの不動産会社です。住宅ローンの負担軽減策のみならず、ファイナンシャルプランナーならではの、ライフプランをベースとした将来にわたる家計収支、資金計画などを総合的に検討し、住宅ローンの軽減策をご提案いたします。

ご相談・お問い合わせはこちら

住宅ローン完済後の生活はどう変わる

住宅ローンを何とか定年前の50歳代で完済できた世帯は、色々なプランを実行したらからだと思います。その成果として、住宅ローンの重しから解放された方々は、その後の生活にかなり余裕が出ることは間違いありません。

50歳代の方々は、「持ち家は資産」という意識で購入した人も多いかと思います。確かに建てた場所によっては、間違いなく資産化された不動産もあります。しかし、現代のようにインターネットが普及しておらず、情報が少ない中での購入は、情報の非対称性で、マイホーム選びに際してさほど精査することもなかったのが現実だったのではないでしょうか。

住宅ローン完済により、まったく住居費がかからなくならないことは、皆さんご存じかと思います。例えば、戸建て、マンションの両方では、固定資産税が課税されます。
また、マンションですと、このほかに、管理費、修繕積立等、駐車場代などの支払いが残り、その金額はマンションによって異なりますが1~5万円程度ではないでしょうか。

また、戸建てを所有している場合でも、将来の修繕に備えて、積立をしていく準備は必要です。

このように、老後の生活費の中で、住居関係費は、ある程度の比率となるのです。

ここで改めて注目したいのは、マンションと戸建て住宅の住宅返済後の住居費としての支出額の違いです。

マンションに住む場合は、毎月かかる管理費や修繕積立金などの固定費を自分で調整することはできません。ご存じの通りマンションの管理組合で決定した金額を毎月支払っていくことになります。仮に毎月5万円かかるとすれば、60歳から85歳まで25年間を暮らすと総額1,500万円にもなります。
よくある話は、大規模修繕が行われた後に修繕積立金があがる、ということです。ですから、築年数が経過したマンションほど住居費は高くなります。

一方、戸建て暮らしでは維持費は必要になりますが、マンションのように毎月、管理組合から強制的に徴収されることはありません。屋根の補修や壁の塗り替えなどのメンテナンスに関しては、それぞれの家計の状況で柔軟に対応できます。極端なことをいえば、手をかけずに雨風をしのぐことができればそれでよいという考えであれば、固定資産税だけ支払えば済むことになります。

住宅ローン完済後のライフデザインもマネーデザインへ

住宅ローンを完済しても、住宅を維持管理するために必要なコストは、永続的に発生します。これらのコストも考慮にいれたライフデザインは、不動産に特化したファイナンシャルプランナーの会社である、マネーデザインが得意とするところです。ぜひお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら

住宅ローン完済後の貯蓄と余裕

住宅ローン完済後は、返済がなくなる分だけ他の生活費に回すことができます。少し心に余裕が出て、美味しいもの、旅行など、今まで以上にちょっとした贅沢をすることができるのは事実です。

将来の生活を憂うだけでは、人生何のために生きているか分かりません。今の生活も将来同様大切なのです。

その余裕資金をどう使うかは、皆さんの考え方一つです。今の生活を少し贅沢に、余裕を持つ生き方も素敵です。
しかし、老後資金も心配、貯蓄もある程度していこうか、という考えもあるかもしれません。

このベストミックスはどうやってわかるのでしょう。まずライフプランを作成することから始めてはいかがでしょうか。
ライフプランの答えは、本当に千差万別、それぞれの世帯ごとに異なるものです。将来像がある程度見えてきたら、事前に備えることができます。

セカンドライフの展開方法は、色々な方法があります。完済した住宅がまさに金融資産として、お金を生む資産になるのです。今後、何歳まで働いて、何を生活の最重要なものと考えるのかによって、住居の形も変わってくるかもしれません。

それがまさに50歳からのリ・ライフデザインなのかもしれません。

マネーデザインは、お客様のリ・ライフデザインの作成をお手伝いしてまいります。

住宅ローン完済後のリ・ライフデザインもマネーデザインへ!

住宅ローン完済後の住宅や余裕資金の活用、夢を実現するためのセカンドライフの多様なバリエーションなど、人生のリ・ライフデザインは、経験と知識豊富なマネーデザインへお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら