不動産登記権利情報

親が亡くなり土地を相続したら、土地の名義を親から自分(相続人)へと変更します。この名義変更には、どのくらいの費用や税金がかかるのでしょうか。また、変更するための期限はあるのでしょうか。

土地の名義変更にかかる費用・税金

土地の名義変更にかかる主な費用や税金は、以下の3つです。

  • 登録免許税
  • 司法書士への手数料
  • 名義変更に必要な書類の準備費用

もう少し詳しくみていきます。

登録免許税

登録免許税は、名義変更に必要な不動産登記をするときに課税される税金です。
亡くなった親の土地を名義変更する場合には、所有権移転登記を行なうため、この際に課税されます。

◯所有権移転登記の際にかかる登録免許税の計算

課税標準となる土地の評価額×0.4%=登録免許税

例えば、評価額が4,200万円の土地の場合には、16.8万円の登録免許税が課税されます。

司法書士への依頼料

名義変更の手続きは、司法書士などの専門家に任せることが多いです。司法書士に依頼する場合には、5〜8万円程度の依頼料がかかります。

相続人の人数が多い場合など依頼内容によっては、依頼料がさらに高額になることもあるので、注意が必要です。

名義変更に必要な書類の準備費用

名義変更には、様々な書類が必要です。

  • 相続人の戸籍謄本(全員分)
  • 相続人の印鑑証明(全員分)
  • 被相続人の戸籍謄本(出生〜死亡時までのもの)
  • 被相続人の住民票の除票(本籍地の記載がある)
  • 土地を相続する人の住民票
  • 土地の固定資産評価証明書
  • 土地の登記事項証明書
  • 遺産分割協議書

これらの書類を準備するために、郵送料や発行手数料がかかることがあります。

例えば、戸籍謄本を準備するためには、1通450円の発行手数料がかかります。また、郵送してもらう場合には郵送料が約500円必要です。

そのため、全ての書類を揃えるためには、5,000円〜2万円程度の費用がかかることがあります。

土地の所有権についてもマネーデザインがお手伝い

マネーデザインはかかりつけの内科医の立ち位置にいます。もし相続した土地の名義変更でお困りのことがあれば、マネーデザインがお話を伺い、適切な専門家へとご案内いたします。

お問い合わせはこちら

親が死亡してから名義変更するまでの期限は?

土地の名義変更は、相続が発生した時点から、どのくらいの期間で行なわなくてはならないのでしょうか。

名義変更に期限はない

結論から言うと、親が死亡してから名義変更するまでの期限は、法律によって定められているわけではありません。そのため、相続した土地の名義を変更せずに放置することがよくあります。

しかし、名義を変更せずに放置しておくとトラブルになる可能性があります。トラブル事例については次で紹介しますが、トラブルを防ぐためにも、土地を相続したら早めに相続登記をして名義を変更しなければなりません。

名義変更を行わないことで起きたトラブル事例

トラブル事例を3つ紹介します。

  • 相続人が増えて手続き困難になった
  • 高く売れるタイミングを逃した
  • 勝手に売却された

◆相続人が増えて手続き困難になった

名義変更をせずに放置していた土地に関して、新たに相続が発生してしまい、相続人が増えて名義変更が困難になったという事例があります。

相続登記を行うためには、相続人全員の印鑑証明書や遺産分割協議書などの書類が必要です。相続人が増えれば、それだけで全員と連絡をとるのが困難になり、結果として手続きを進めることができなかったという方もいます。

◆高く売れるタイミングを逃した

親が死亡した後に相続登記を行わなかったことで、いい条件で土地が売却できなかったという事例もあります。

名義変更が完了していなければ、すぐに土地を売却することができません。そのため、仮に高く売却できる話があったとしても、相続登記に時間と手間がかかり、チャンスを逸してしまう可能性があります。

◆勝手に売却された

自身が知らない間に、他の相続人によって売却されるといった事例もあります。

名義を変更しなければ法的に自分の土地として確定していないため、他の相続人が登記を行い売却してしまった事例が、実際に過去にありました。この場合、取り戻すのは容易ではありません。

名義変更をしなかったことで後にトラブルに発展したケースは少なくないため、親が亡くなって土地を相続した場合は、すぐに相続登記をしたほうがよいでしょう。

相続登記のご相談も

マネーデザインは、みなさまのお金に関する様々なお悩みにお答えしています。相続登記に関することも、もちろん対応しております。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

兄弟がいる場合の亡くなった親の土地を名義変更

兄弟など複数の相続人がいる場合は、どのようにして名義変更するのでしょうか。

親の土地を片方の名義に変更して代償分割を行う

名義を兄弟のうちのひとりに変更して相続する方法を、代償分割といいます。

代償分割は、一部の相続人が土地や不動産などの財産を相続して、相続できなかった相続人に代償として相応の財産を渡すというものです。

例えば、相続人が兄弟2人だけで2,800万円の土地を兄が引き継いだ場合は、兄が弟に1,400万円支払って公平に相続します。

土地の名義を共有名義にする

親の土地を共有名義にして、土地の権利を共有する方法です。

共有名義にすると自分の意思と関係なく、他の相続人に土地を売られる心配がありません。しかし、売却や修繕などを行なうためには名義人全員の同意が必要になるため、何をするにも非常に手間と時間が必要です。

また、共有している名義人が亡くなった場合には、名義人の配偶者や子供に権利が移るため、名義の共有者が増えていくのも大きなデメリットです。

共有名義は将来のトラブルの種になるので、共有名義はおすすめの方法とはいえません。

土地を売却して換価分割を行う

亡くなった親の土地をどちらの名義にするか揉めた場合は、土地を売却して得た売却金を相続割合で分割するという、換価分割がおすすめです。

現物ではなく現金で分割するため、公平に分けることができます。代償分割は公平な相続財産の分け方であるため、土地などの相続でもめることを防ぐことができます。

土地売却のご相談はマネーデザインへ

マネーデザインは、不動産や老後の住まいについてもサポートをさせていただいております。土地を売却に関して迷っているという方は、ぜひマネーデザインにご相談ください!

ご相談・お問い合わせはこちら