未登記建物の登記費用は?手続きに必要な書類や固定資産税などまとめて解説

相続時や不動産投資をきっかけにして、不動産が未登記だったことが分かることがあります。未登記の建物の登記費用や必要書類の解説から、自分で登記を行う際の注意点。さらには、未登記の物件には税金がかからないのか、といった疑問についても解説します。

未登記建物の登記費用と必要書類

未登記の建物を登記するためには、建物表題登記を行ったのちに、所有権保存登記を行う必要があります。

建物表題登記とは、新築した建物やまだ登記されていない土地や建物を新規で行う登記のことです。

登記内容は、建物の所在や地番、種類、構造、床面積、所有者などの情報です。+
この建物表題登記が行われて、初めて登記簿が作成されるため、建物表題登記をする前に所有権保存登記を行うことはできません。

また、不動産登記法164条には、「建物表題登記を1ヶ月以内に行わないと、10万円以下の過料に処する」と記載されています。ただし、実際に登記をしなかったことにより、過料になったケースは存在しません。

一方で、所有権保存登記とは所有権の登記のない不動産で、最初に行う所有権の登記のことです。

所有権保存登記をすることで、抵当権を設定して銀行から融資を受けることができるようになります。

未登記建物の登記に必要な書類

表題部登記をするときに必要な書類は以下になります。

  • 工事完了引渡証明書と印鑑証明書
  • 建物確認通知書
  • 建築代金の領収書
  • 所有者の住民票
  • 所有者の登記委任状
  • 検査済証または工事請負契約書等

建物代金の領収書は一部でも可能です。

また、所有者の登記委任状については、登記を代理人に依頼をする場合に必要な書類になります。

未登記の建物を登記するために必要な書類を集めるときの注意点

工事完了引渡証明書や建築確認通知書、建築代金の領収書がない場合には、以下の書類が必要になります。

  • 固定資産評価証明書
  • 電気やガス、水道などの公共料金領収書
  • 火災保険証書
  • 上申書(印鑑証明書付き)

また、建物が借地上にある場合は、土地賃貸借契約書が必要になります。

このように書類がない場合には、追加で必要になる書類も増えるため注意が必要です。

書類を集めるだけでも手間と時間がかかるうえに、手続きも複雑なため、土地家屋調査士などの専門家に依頼することをおすすめします。

未登記建物を登記する際の費用

未登記建物を登記する場合は、司法書士や土地家屋調査士に依頼することが多いため、10〜20万円程度の費用がかかる場合が多いです。ただし、建物の敷地面積が大きい場合や建物自体が大きい場合には、より高額の費用がかかるケースもあります。

また、所有権保存登記には、登録免許税の支払いも必要です。

登録免許税は、以下の計算方法で計算ができます。

不動産の評価額×0.4%=登録免許税

このように、未登記の建物を登記するためには、専門家への依頼料と登録免許税がかかります。すべて自分で行う場合は登録免許税のみで済み方法については後述していますが、手続きが複雑なためあまりおすすめできません。

相続にともなう資産整理・ライフプランならマネーデザイン

相続登記に関するお悩みはございませんか?マネーデザインは、お金の専門家という立場からお客様のお悩み合った適切な専門家を紹介し、最後まで適切なサポートをしてまいります。お気軽にご相談ください!

未登記の建物の固定資産税はかかる?

建物が登記されていなくても、固定資産税は課税されます。

役所は登記をしていなくても、建物の所在を航空写真や担当者が足を使って確認しているため、未登記の建物でも固定資産税を免れることはできません。

未登記の建物の固定資産税どこまでさかのぼって請求される?

未登記の建物の固定資産税は基本的に5年前までさかのぼって請求されます。その根拠は、地方税法18条により、固定資産税の納税義務は5年で消滅時効になるからです。

ただし、自治体から納税の請求や差し押さえなどを受けていた場合は、時効が中断するため、5年以上前の固定資産税についても支払わなければならないケースもあります。

未登記の建物の固定資産税を支払っていない場合は延滞金を請求される

自治体などから未登記の建物の固定資産税について、納税請求を受けていた場合、納税を怠っていると延滞金が請求される可能性があります。

延滞金の計算式は次の計算式になります。

税額×延滞日数×延滞金の割合(年利)÷365=延滞金額
※うるう年でも365日計算

また、延滞金の割合は、納付期限の翌日から1ヶ月経過する日を境に変わるので、注意が必要です。
例えば、令和3年1月1日から令和3年12月31日までの延滞金の割合は以下になります。

  • 納付期限の翌日から1ヶ月を経過する日まで:2.5%
  • 納付期限の翌日から1ヶ月を経過した日以降:8.8%

このように、延滞金の割合が変わることも理解しておくことが重要です。

固定資産税の延滞金の計算例

1.納付期限の翌日から1ヶ月経過していない場合を計算します。

■前提条件
・税額:750,000円
・納付期限:令和3年7月31日
・納付日:令和3年8月30日(納付期限の翌日から30日経過)
・1円未満切り捨て

750,000円(税額)×30日(延滞日数)×2.5%(延滞金の割合)÷365=1,541円(延滞金額)

上記のような計算になります。
実施に徴収される金額は100円未満を切り捨てた金額の1,500円です。

2.納付期限の翌日から1ヶ月以上経過している場合を計算します。

■前提条件
・税額:750,000円
・納付期限:令和3年7月31日
・納付日:令和3年10月19日(納付期限の翌日から80日経過)
・1円未満切り捨て

750,000円(税額)×30日(1ヶ月分の延滞日数)×2.5%(延滞金の割合)÷365=1,541円
750,000円(税額)×50日(1ヶ月経過後の延滞日数)×8.8%(延滞金の割合)÷365=9,041円
1,541円+9,041円=10,582円

上記のような計算になります。
実施に徴収される金額は100円未満を切り捨てた金額の10,500円です。

相続にともなう資産整理・ライフプランならマネーデザイン

相続登記に関するお悩みはございませんか?マネーデザインは、お金の専門家という立場からお客様のお悩み合った適切な専門家を紹介し、最後まで適切なサポートをしてまいります。お気軽にご相談ください!

未登記の建物の登記を自分で行う方法

未登記の建物を自分で登記することは可能です。
自分で登記を行うと、司法書士や土地家屋調査士などの専門家に依頼する必要がないため、費用を抑えることができます。

そのため、費用をかけたくない人が自分で登記をしようと考えることは珍しくありませんが、途中で諦めてしまう人も多いです。

自分で登記するためのポイント

自分で表題部登記を行う際は、まず法務局の登記相談に行くことをおすすめします。なぜなら、必要な書類についてのアドバイスを無料でしてもらえるためです。
特に、一般人が平面図などの図面を作成するのは難しいため、アドバイスが必要になります。

しかし、実際に自分で登記をしたいと窓口で相談して難色を示される、ということも珍しくありません。それでも、必要な書類や自分で作成した図面の不備は指摘してくれるため、丁寧な姿勢で相談してみてください。

なお、登記相談は事前予約制になっていることが多いため、事前に電話や窓口で予約することが必要です。

建物図面を作成するポイント

未登記の建物の登記する際によくつまずく、建物図面を作成する際のポイントは以下6つです。

  1. B4サイズの丈夫な用紙を使用すること
  2. 0.2ミリメートル以下の細線で鮮明に作成すること
  3. 500分の1の縮尺で作成すること
  4. 方位と敷地の形状と地番、隣地の地番を記載すること
  5. 敷地の境界線からの距離を2ヶ所以上記載すること
  6. 北が上になるように作成すること

上記のポイントは法律で定められています。
図面を提出する際、法務局の担当者が非常に細かくチェックを行うため、少しでも不備があれば登記ができません。

建物図面の作成には法律で定められたルールを守る必要があるため、素人が作成するのは非常に困難です。

登記が必要ない建物

未登記の建物が以下の建物に該当しない場合は登記が必要ありません。

  • 土地に定着していて安易に移動できないこと
  • 屋根および壁などで外気を分断するものがあること

例えば、プレハブや倉庫などのようにコンクリートブロックの上に置いただけの建物の場合は登記が必要ありません。一方で、屋根付きの車庫やビニールハウスのように、外気と分断できていない建物も登記を必要としません。

まずはマネーデザインにご相談ください!

お金の専門家として、もし相続税や不動産の移転登記などが必要となった場合、外部の専門家におつなぎして、最後までしっかりとサポートする体制を整えています。