50代からの投資先はこれ! 老後資金を作るためにおすすめの資産運用

次第に貯金が増えてきて、その投資先を探していたり、老後のことを考えてお金を増やすことを考えたりと、50代は投資を始める方が意外に多い世代です。今回は、50代からの投資について解説します。

50代からの老後資金づくりにチャンスがある理由1

定年退職後のシニアライフを間近に感じ始める50代。リタイアの時期が近づいて仕事人としての生活は終盤に差し掛かる年齢ですが、一方で、100年時代と言われる人生では、やっと折りかえし地点に差し掛かったに過ぎません。これから待ち受けるシニアライフを生き抜くにあたって、健康な心身の維持と共に「老後を過ごすためのお金」の準備も欠かせません。
「今まで子供の教育にお金を掛けてきたから、貯金ができていない」
「ようやく住宅ローンを完済したから、貯金はこれから」
「今まで資産形成に無頓着だったから、正直どれだけお金が必要か分からない」
こんな不安を持っていらっしゃるご家庭も少なくありませんが、ご安心ください。確かに資産形成は早く始めるに越したことはありませんが、50代から老後資金作りを始めても決して遅くはありません。
50代からの資産形成にチャンスがある理由の1つ目は、「見通しを立てやすい点」にあります。社会人として働き始めてから20代〜40代までの間は、多くの世帯において生活の変化が著しい傾向にあります。会社での転勤、キャリアアップのための転職、私生活では結婚、出産、子育て、こどもの進学など人生の節目となるイベントが多く、収入面でも支出の面からも、短いスパンで変化を迎える年代です。

一方、一般的な年齢別の傾向を見た場合、50代頃を節目に子育てから手が離れる世帯が多くなり、教育に関するお金の負担が少なくなる年代です。さらにキャリアも安定してきて、定年までは現在の仕事を勤め上げる方が多くなります。

つまり、生活の支出が大幅に変動する可能性が減ってきて、生活資金の見通しを立てやすい状況となるのです。資産形成のための投資や運用は、あくまでも生活に必要なお金の余剰分で行うチャレンジです。

このように投資を考えたとき、

「これからの人生で、どれくらいのお金が必要なのか」
「余裕資金をこの程度残せるから、そこからどれだけの金額を投資に回すか」

などの見通しと方針を、あらかじめ立てておくことが重要です。
資産運用を考えるにあたって、キャリアチェンジや子育てが落ち着いた50代はまだ充分にチャンスを狙える年代です。

50代からの老後資金づくりにチャンスがある理由2

2つ目の理由は、「まとまったお金を貯めやすいこと」です。50代は子供の教育や住宅ローン等の大きな経済的負担が終わると共に、来たるリタイアの時にはまとまった退職金を得られるタイミングでもあるからです。

もちろん、雇用形態や勤続年数、業種業態によって、退職金については一概に括れないテーマではありますが、その分野や会社で、ある程度のキャリアを積んでこられた方々であれば、まとまった金額の退職金が支払われることも多いでしょう。この退職金の一部を元手に、シニアライフのための投資を始める世帯も少なくありません。

50代から始める投資の3タイプ

ここからは、50代からの資産形成で注目される投資の主なタイプをご紹介します。ご自身の状況や性格に合った投資、資産運用を選びましょう。

株式投資

株式投資とは、企業が発行した株式を売買する投資をいいます。株式投資によって得られる利益には

1)株式の値上がり益
2)配当金
3)株主優待

の3つがあります。

買った株式の株価が上がれば、買った時と高く売れたときの差額の値上がり益を得ることができます。これをキャピタルゲインと言います。

また、企業の利益の一部は、株主に配当金として還元される場合もあります。

さらに、持ち株数に応じて企業の製品やサービスを「株主優待」として提供する企業もあるため、直接の金銭的な利益のみならず、お金に相当するサービスを享受することを投資の目的に据えることも可能です。

さらに企業の株式を一定数保有することで議決権が与えられ、企業の経営方針、すなわち意思決定の場に参画する権利を与えられます。単に利益享受を狙うのみならず、企業を支えたり応援したりする思いで株式を保有する考え方もあるのです。

当然、購入した株式の価格が下がる可能性もあります。
また、株価は常に変動しているため、買いたい、売りたいと想定している価格で売買が成立しない可能性もあります。

したがって、株式による資産運用は、

・絶えず世の中の動きを敏感に察知し、経済を勉強することが面白いと感じる方
・別途生活費が確保されており、余裕資金をお持ちの方
・株主優待を楽しみたい方

に向いている投資です。

投資信託

投資信託とは、専門家に資産運用を託す方法です。運用会社は多くの投資家から元手となる資金を集め、専門知識に基づいて株式、証券、金、不動産などの商品を使って運用し、成果が出た場合に投資家へ利益を還元します。投資信託を選ぶメリットは、投資する資産やその運用をプロに任せることができることです。さらに投資の基本的なリスク回避の方法は「投資先を分散すること」ですが、投資信託では少額な資金から分散投資が可能な商品です。投資信託は多くの投資家から資金を集めているので、個人の出資金額が少額であっても分散投資を行うことが可能です。

実際の投資金額における最低金額は信託会社各社によって定められていますが、商品によっては100円の投資から始めることも可能です。様々な金融機関や証券会社が投資信託商品を取り扱っているため、現在お使いの金融機関、証券会社に問い合わせると始めやすいでしょう。

初心者でも投資を始めやすいこと、少額から始められること、リスク分散できることが投資信託のメリットと言えるでしょう。

一方プロに任せるからには運用に関わる手数料が掛かります。また投資信託は、銀行預金や債券のような元本の保証はありません。

まとめますと

・手間を掛けずプロに任せたい人
・預貯金より少しでも高い利回りを得たいと考えている人

に適した資産運用方法です。

不動産投資

不動産投資とは、戸建てやマンション、アパート、オフィスビルなどの不動産を投資家が購入して、活用することで収益を得る投資を言います。投資対象とする不動産は自己資本で購入する方法に限らず、確たる計画や実績があれば、金融機関から不動産事業として認められ、融資を受けることも可能です。すなわち自己資金以上のお金を借入れ、これを不動産購入に充てることができます。いわゆるレバレッジ効果と呼ばれるものです。

不動産投資のメリットは、
・物件や投資家の属性のよって自己資金以上の投資が可能となる
・様々な経費が使えるようになる

さらに、リフォーム等の工事から管理に至るまで、専門業者へ作業を委託することも可能です。不動産をどのように運用するか計画を立て、資金を用意することができれば、いわゆる不労所得を得る投資の一つでもあります。

デメリットは、

・資産の流動性が低いこと
・購入時の手間が掛かること
・ある程度のまとまったお金が必要なこと

があげられます。

不動産投資の場合は購入時にも様々な手順が必要となります。

・「どの物件を買うか」
・「どのように借り手を探すか」
・「どの業者に改修、管理を委託するか」

と多くの意思決定が必要ですので、最初にある程度の手間が掛かる投資です。
また、売却時、不動産は株のように「今売りたい!」と思った時にすぐに売却できるとは限りません。買い手を探したり、売却を不動産会社に依頼するなど、手放す時に時間と手間が掛かることがデメリットの一つです。

まとめますと、

・ある程度のまとまったお金を用意できる
・仕組みができるまで、ある程度のお金をかけることができる
・自分で不動産業を勉強することが苦にならない

このような方にお薦め出来る投資です。

50代からの投資には専門家のアドバイスを

50代からでも投資のチャンスがある理由、そして株式、投資信託、不動産とそれぞれの投資の特徴についてご理解いただけましたでしょうか。ここまでの記事でお伝えした通り、投資とはリターンを得られる一方で、何らかのリスクを伴うものです。しかし金利が低い昨今、預貯金に資金を置いていても、なかなかお金を増やすことはできません。眠っている余裕資金を活用し、できる限りのリスク回避を行いつつ資産運用を行うためには、投資を始めるにあたってお金の専門家に相談されることをお薦め致します。マネーデザインでは、ご家庭ごとの状況、来たるシニアライフのご希望などについてヒアリングを行い、最低限必要な生活費を計算の上、投資に回すことが可能な金額、方法についてご提案させていただきます。ぜひ、マネーデザインへご相談ください。