FP法人㈱マネーデザインの 中村です。
昨日は、久しぶりに関東南部では、雷雨が起こりませんでした。しかし今日の予報は、また上空に寒気が流れ込んできて、広範囲で激しい雨が降るようです。傘の持参は必須です。今年の梅雨の雨量はやはり平年と比べて多い様です。雨が良く降るな―と実感されている方も多いのでは無いでしょうか。東京では6月の雨量が平年比185%の300ミリ以上降ったようです。
今週も引き続き、収益不動産のお話を続けてまいります。
今日のテーマは、収益物件の事業収支表を見ていきたいと思います。これはとても重要で、この表なしで不動産賃貸業をするのは無謀だとも言えます。
早速下記の表を見てみましょう。
収支事業表
一部分だけを抜粋し、1年目、2年目、そして10年目を簡便的に表しております。

ご相談・お問い合わせはこちら

単位: 千円
項目1年目2年目10年目
損益計算収入家賃収入14,47215,37214,000
駐車場収入1,4401,5601,560
1 収入合計15,91216,93215,560
支出管理費1,2731,3551,360
公租公課5,8491,1691,150
仲介手数料1,32685160
損害保険料120120120
減価償却費4,2604,2604,260
借入金利子4,0003,8662,660
2 支出合計16,82810,8559,710
3経常損益(1-2)-9166,0775,850
収支計算書1収入15,91216,93215,560
2支出15,92810,08910,150
①~④8,5682,7292,790
借入金利子4,0003,8662,660
元本返済額3,3603,4944,700
3剰余金(1-2)-166,8435,410
借入金残高96,64093,14660,746

この表の見るべきポイントは3箇所です。
1.損益計算書、収支計算書
損益計算書は税務申告に使うパート、収支計算書はお金のながれ(cash Flow) を把握するためのもの
2.減価償却費
昨日お話した減価償却費は、損益計算書にはでてくるが、収支計算書にはでてこない。
3.借入金利子
借入金利子は損益計算書、収支計算書の両方に出てくるが、元本返済額は、収支計算書だけに出てくる。
まず減価償却費ですが、定額法での計算ですので、毎年同じ金額が、減価償却が終わるまで続くことになります。
そして、元本返済額は損益計算書には含まず、収支計算書には含まれます。もう少し付け加えますと、減価償却費はお金が出て行かない(Cash out しない)にもかかわらず、損益計算書の損金として落とせます。従って減価償却費はオーナーの味方の経費なのです。
一方元本返済金は、お金は出て行くが、損金には繰りこめない、オーナーにとってしゃくにさわる経費なのです。
この部分は収益不動産をオペレーションする上でとても重要なところです。
今日はここまでにして、また明日、この続きを記してまいります。
また弊社は、まさにこれから収益不動産をやっていこうか、とお考えの皆様のお役にたてる様、様々な観点からお手伝いいたします。ご遠慮なくお問い合わせください。
 皆さん、良い一日をお過ごし下さい。

ご相談・お問い合わせはこちら